忍者ブログ

ファルログ

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > プレイ日記 > 耐性とは…何なんだ?⑥ ~【耐性の併用】~

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法耐性と属性耐性の合わせ技

魔法耐性と属性耐性についての考察、とても興味深く読ませていただきました。属性耐性は『限界突破のために使う力』というのが、かっこいいです。
店売りのアミュレットなんかだと、魔法耐性の符呪より属性耐性の符呪のほうがずっと効果が高かったりして、なんとなく属性耐性のほうばかりに目が行きがちでしたが、実験結果を拝見して両方の良さが分かってきました。続きの実験も楽しみにしています!
ところで弟子君の生体実験(?)をみていて、ふとゲーム内書籍「ジール城の恐怖」を思い出しました。あちらは完全に人の道を踏み外してしまった魔術師の話ですが、どうも人種別に属性耐性を調べていたような雰囲気でした。
彼の行っている実験は、スカイリムの世界でも実際に行われている研究のひとつなのかもしれませんね。被験者を集めるのと安全な実験方法を考えるのがかなり難しそうですが……。実験成果を報告してもらえるなら、ファレンガーさんもアミュレットをくすねたのを大目に見てくれそうです(絶対とったのばれてますよね?)。
Re:魔法耐性と属性耐性の合わせ技
  • Name: ファル粕
  • (2014/10/22 15:03)
UNIさん、コメントありがとうございます!
スカイリムのバトルに詳しいプレイヤーにとっては今更で当たり前の事しか書けていないと思いますが…自分はこれまでかなり適当な感覚でプレイしていたので、魔法を作る前に考えを整理したいと思い…プレイも兼ねてこの実験を始めました(~ ~;)
最近ちょっとずつ、ポーションや耐性防具のありがたみが分かってきました。
CKで魔法の製作に興味を持ち始め、今までのプレイであまり使わなかった「魔法」について考え始めたのですが、同胞団には魔法を扱える人間がいませんでした…。そこで以前に作った魔術師フォロワー「マダナックの弟子」を無理やり引っ張ってきて、強引に同胞団に加入させることになりました。そんな彼も…最近では同胞団での生活を楽しみ、同胞団の栄誉を重んじるようになり(?)、同胞団よりも目立ってきていて…なんというか複雑な心境です(汗)

「ジール城の恐怖」を読みました…!UNIさん、すごいです。教えてくださってありがとうございます!ま、まさか…こんな内容の本がスカイリムに存在していたとは…!本当にビックリです!!
はじめて入手して読んだのですが…本の中で登場する実験の方法もさることながら、現在行っている検証実験と奇妙な一致が数多くあり、驚きの連続でした!! 特に…ユリスの問い「何の魔法をかけようとしていた?」に、アナーラが「雷。炎は予想しづらい。」と答えたのには…鳥肌が立ちました。属性耐性の実験に「ライトニングボルト」を選んだので…この一致は一体…!?と思いました(笑)
DLCで追加された以外には「雷撃耐性」を持っている種族が人間やクリーチャーを含めても「雷の精霊」だけなので、彼女が言っていることは真の実験成果に基づいたものであると思い…スカイリムって本当に細部にまで凝ってるんだな~と、とても興味深かったです。

実験の裏話ですが…構想段階で、同胞団として常に持ち歩いていた「ウェアウルフの身体的特徴」という本の記述に少し影響を受けました。なるべくムゴくなく、楽しい実験を心がけておりますが…道を踏み外しつつあります…(汗)
また、カルセルモと人間関係を構築する前に本当の意味で「不法侵入」をしてしまったため、研究所に入ったと同時にフォロワー全員が「ここはお前のいる場所じゃない。」と口々に言い始め…まったく指示を出すことができない状況に陥ってしまいました…(^^;)
侵入したものの…これでは実験が出来そうにないと諦めかけていたのですが…UNIさんの『{ Skyrim Party System 』の機能により、フォロワー達が自然に座ったり、食事をしたり、付呪台を使い始めてくれました!! 隠密+抜刀でフォロワーの行動を初期化し、隠密解除+納刀で自分の近くに集合させてフォロワーAIの自然な行動に移らせることで、任意の場所に導いたり、座らせたりすることができるので…検証実験でも大活躍しております。このフォロワーシステムの素晴らしさを改めて実感しました! { SPS 最高!{m(≧u≦)m

追伸
パンを食っているファレンガーに勘付かれつつも(笑)白昼堂々、弟子がアミュレットを盗めたのにはちょっとした理由があります。敵を傷つける破壊魔法ばかりでは悲しいと思い…少し変わった感じで実用性があるようなNPCに優しい魔法を作ってみました。次回の記事にまとめてみます!

耐性とは…何なんだ?⑥ ~【耐性の併用】~

ファルカスと弟子たちは、第二の実験に向けて、再びミーティングを開始した…。

弟子「第一の実験、『魔法耐性がどの属性攻撃に対して耐性を示すのか?』について、互いに理解を共有しよう。」

「異なる魔法耐性を持った『錬金術師・四姉妹(NPC)』に様々な魔法を試すことで、以下の結果が得られた。」

魔法耐性は、炎・冷気・雷撃の三属性はもちろん、無属性や吸収属性、さらには毒属性魔法も防ぐことができる。毒ダメージに対しては、『毒状態になる』ことを防ぐのではなく、『毒の威力を軽減する』ような働き方をしているようだ。ダーツトラップの実験から、一見すると魔法ではないように思えるトラップの毒も防ぐことができると判明した。だが、武器に塗った『錬金毒』を防ぐのに有効かどうかは…まだ不明だ。」

「さらに、魔法耐性は幻惑魔法や変性魔法、シャウト、付呪武器に抵抗する、汎用性の高い力であることが分かってきた。この点については、今後の検証でより詳細に調べていこう。」

「ダメージの軽減率は、耐性の割合通りの正確な値が計測された。しかし、驚いたことに…NPCには『魔法耐性の上限』が無く、耐性100%を持っている者は完全に魔法を無効化してしまうようだ。」



弟子「…そこで、いよいよ『ファルカス(プレイヤー)』の出番となる。」

ファ「ぐだぐだと一日中話してるのにも飽きたよ。」

弟子「そう言わずに、もう少し辛抱してくれ。…おそらく、プレイヤーとNPCでは同様の実験でも若干異なる結果が得られそうだ。…そのことを踏まえて、次のテーマを開始する。」

「第二の実験は『魔法耐性と属性耐性の併用効果』の検証実験だ!」



ファ「さっきから気になっていたんだが…テーブルの上のこれは何だ?」

弟子「さすがはファルカス!…これが今回の検証実験の重要なアイテムとなる、『雷撃耐性』の付呪が施されたアミュレットだ。この日のために…ドラゴンズリーチに透明化して潜入し、ファレンガー氏に気付かれないよう、こっそり掠め取ってきたものだ。」

(~回想~)
 

ファ「掠め取っただと…?!そんな自慢げに言うことか…(汗)同胞団が名誉を重んじる事を忘れたか?」

弟子「心配するな、後で返しに行くから。それに、この実験で得られる知識を彼に還元することで、チャラにしてもらえばいいしな。属性耐性の代表として、『雷撃耐性』に焦点を当てて、併用効果を調べようと計画している。」

ファ「なぜ、雷撃耐性に絞ったんだ?」

弟子「第一の実験で、ほとんどの呪文に魔法耐性が有効だったろう?全ての呪文を試せればベストだが…今回は併用効果を調べる目的だから、時間の無駄だ。君はノルドだから…冷気系魔法では実験結果に影響が出てしまう。それに、炎よりも『ヘルスとマジカ』という2つの指標の影響を見れる雷撃系の魔法を調べた方が、合理的だ。」

ファ「まー…なんとなくわかったが、そろそろ頭が追い付かなくなってきたぞ…(汗)」

弟子「理屈はややこしいが…方法そのものは簡単なんだ。君たちに『ライトニングボルト』を一発お見舞いする!!事前に四姉妹(NPC)には、雷撃耐性50%、85%、100%のアミュレットを付け替えてもらって、ダメージ量を記録していく。0%については第一の実験で測定済みだ。君(プレイヤー)の場合は、魔法耐性のローブも着替えてもらう。」

ファ「このローブはやっぱり俺には似合わないな…(笑)」

弟子「君の役はかなり重要だ!期待しているぞ!!」



第二の実験、始動!!

弟子「魔法耐性0 + 雷撃耐性では、どうなるか…!?…ライトニングボルトォ!!」



ファ「あがががががが…!!!(バリバリ)」



弟子「白エルフ君は、雷撃耐性50%のアミュレットを付けると、第一の実験の茶エルフ君(魔法耐性50%)と同じだけの耐性を示した。『雷撃耐性50%のみの時と魔法耐性50%のみの時は同等の効果』といった感じだな…!ファルカスの方は、やはり『耐性85%の上限』に引っかかっている!!雷撃(属性)耐性が100%のアミュレットを付けたにも関わらず、85%の時と同じダメージカット率だ。…ちょっとむなしい結果だな。」



弟子「魔法耐性50 + 雷撃耐性!!」


(スカッ…!…キュイン!!)

ファ「俺…雷を避けるのかなり得意になってきたぞ…!!」



弟子「避けたら実験にならないじゃないか…(汗)真剣にやってくれ…当たり所が悪いと灰になってしまうぞ?(ニタァ)」

ファ「す、すまないっ…はめを外しすぎた!!」

弟子「ここからが魔法耐性と属性耐性を併用した場合どうなるか…だ。…茶エルフ君は、事前の調べ通り、併用すると『一方の耐性で軽減したダメージ値を、もう一方でさらに軽減した値』になった。ファルカス(プレイヤー)は一方の耐性だけでは、『耐性85%の壁』を越えられないが、『魔法耐性と属性耐性を併用』することで、上限値の85%を突破することができるようだ…!



弟子「魔法耐性85 + 雷撃耐性!!」



ファ「おぉっ!?あんまり感じなくなってきたぞ!?(ピリピリ)そうか…悟りを開けば…雷撃など避けるまでもない…!!(ドヤ)これが、本当の悟りの境地かー!?痛気持ちいい~!」

弟子「ここまでくると…後は『併用によってどこまで耐性を高められるか』になって来るな。緑エルフ君は100%、ファルカスは96%のダメージカット率を達成することができた!」



弟子「魔法耐性100 + 雷撃耐性!!」



ファ「これを着たかったんだよ…!無敵の黒ローブ・魔法耐性100%!」


(…スッ!)

弟子「ライトニング!!(バリバリ)」



ファ「…ってあれ?(ピリピリ)全く感じないと思ったのに、さっきと同じような気が…??」

弟子「君(プレイヤー)には、やっぱり耐性のキャップが存在しているようだ。それは、耐性を併用して上限を突破しようと…変わらないみたいだな。」

ファ「プレイヤーが属性魔法を完全に防げるってウワサも、事前の調べであったようだが…違ったのか?」

弟子「うむ。おそらく…それは『自然回復』の影響だろうな。検証実験を始める前にそのことに気付いてよかったよ。耐性が96%にもなると、受けたダメージが0コンマの極小になるから…ゲージ上でも減っていることが確認できないし、ダメージを受けた次の瞬間には自然回復によって満タンの状態まで戻ってしまっているからな。」

「第二の実験で、属性耐性と魔法耐性の併用と、耐性の上限値の謎を解明することに成功した!!耐性とは…何なのか?の大枠を掴めたはずだ。これからはミクロの視点で耐性について調べていこうと思う。君たちの身体もこれまでの実験によってかなり消耗しているはずだ…」



弟子「身体のメンテナンスを行おう!今度のテーマは、ずばり…『食事』だ!!」

ファ「…そう言ってくれると思っていた。成すべき事を実行しろ。」


…つづく!!

【結果と考察】





NPCの場合は耐性値に上限が無く、100%まで上げると魔法を無効化できた。

ファルカス(プレイヤー)の場合、魔法ダメージを完全に0にすることはできない。85%までは魔法耐性もしくは属性耐性のいずれかの値を上げることで防げる。しかし、単体では85%以上の値を持っていても意味がない(例えば属性耐性100%を持っていても、実際の効果は耐性85%ときと変わらない)。

85%以上の耐性を獲得したい場合は、『耐性の併用』を使わなければならない。
耐性を併用したときの合計の耐性(ダメージカット率)がいくつなのかを把握しづらいので、求め方を式にした。 

併用耐性 =  耐性値① + {(1 - 耐性値①)× 耐性値② }

上記の式により、

プレイヤーの併用耐性の、理論上の最大値は…

0.85 + { (1 - 0.85)× 0.85} = 0.9775

属性耐性85%+魔法耐性85%の時、最大値となり『97.75%』のダメージをカットできる。
最大にするには、これ以上の耐性値は必要ではない。


【雑感】

今回の検証で耐性の最大値『96%』だったのは、ライトニングボルトのダメージが25と少ないため、耐性で軽減されたダメージはかなり小さな値になってしまった。そのデータで計算したので、小数点以下のバラツキが影響してしまった可能性があります…→後で追試を行う。

仕様上、属性耐性と魔法耐性が別々に計算されていて、ゲーム内での表示方法も『耐性値の合計』になっていないので、ドヴァキン達の間で様々な憶測や意味の取り違えなどが起こってしまっているのだと思いました…。

私もその一人で、この検証をするまでは…単純な加算で、炎耐性40+魔法耐性60=炎ダメージカット率100とか…大きい方の値を採用して、冷気耐性70+魔法耐性10=冷気ダメージカット率70、が正しいのかな?…というように、間違って理解していました。それから、耐性の併用の組み合わせで85%以上にする場合は、どちらかの耐性値が必ず85%以上になっていなければならないというのも間違いで…実際には、耐性値① 70% + 耐性値② 50%の組み合わせでも突破できました。

上記の計算式以外に、単体時と併用時の比較や、上限値到達にどれくらいの値を必要とするかを把握するために、グラフを作ってみました。

併用耐性

これは、横軸(魔法耐性)と縦軸(属性耐性)の併用で、それぞれいくつの値の時、85%のダメージカット率を達成できるのかを示しています。

例をみていくと…

魔法耐性0%+属性耐性85%
魔法耐性40%+属性耐性75%
魔法耐性70%+属性耐性50% 
魔法耐性85%+属性耐性0%

などの組み合わせで…ダメージカット率85%となるという意味です。

ペアのどちらかの値がこれ以上になると、85%の限界を突破できます。

二番目、三番目の例の場合、どちらかが現在の値より1%でも0.001%でも高くなればカット率85%以上にできます。

一番目と四番目の例の場合、片方が0で耐性を併用していないのと同じなので、0になってるほうの耐性が1%でも0.001%でも高くなればカット率85%以上にできます。

…このことについて、考えている時に気づいたのですが…やっぱり魔法耐性は、かなり強い能力だと思いました。属性耐性と魔法耐性のどちらを優先すべきかといえば、間違いなく魔法耐性の方です。

一番目の組み合わせでは、一つの属性魔法に対して強くなるだけになってしまいますが、最後の組み合わせでは、あらゆる魔法を85%防げます。

実際に検証実験をやってみて、プレイヤーの場合の魔法耐性は『純粋な魔法に対する強さ』を示していて、属性耐性は『限界突破のために使う力』…といった印象に変わりました。

NPCの場合はキャップが無いので…魔法に対してほぼ無敵になれることが分かりました。魔法耐性は『ネックレス・指輪・盾』の3つの部分に付呪できるので、種族がブレトンでこれらの装備を持たせたフォロワーなどは、魔法ダメージが一切効かない…驚異の『対魔術師専用フォロワー』になる可能性も秘めています。

しかし、プレイヤーと異なり、祝福やポーションの恩恵を受けることが無いNPCは、魔法耐性の底上げの手段が付呪つき防具のみなので、最大まで上げるのは至難の業だと思いました。

日頃はプレイヤーよりも色々な面で不遇なフォロワーのために、何かできないかと考えながらmod製作することが多いのですが、『耐性』に関してはNPCが優遇されている一面もあり…非常に興味深かったです。

拍手[9回]

PR

Comment1 Comment

魔法耐性と属性耐性の合わせ技

魔法耐性と属性耐性についての考察、とても興味深く読ませていただきました。属性耐性は『限界突破のために使う力』というのが、かっこいいです。
店売りのアミュレットなんかだと、魔法耐性の符呪より属性耐性の符呪のほうがずっと効果が高かったりして、なんとなく属性耐性のほうばかりに目が行きがちでしたが、実験結果を拝見して両方の良さが分かってきました。続きの実験も楽しみにしています!
ところで弟子君の生体実験(?)をみていて、ふとゲーム内書籍「ジール城の恐怖」を思い出しました。あちらは完全に人の道を踏み外してしまった魔術師の話ですが、どうも人種別に属性耐性を調べていたような雰囲気でした。
彼の行っている実験は、スカイリムの世界でも実際に行われている研究のひとつなのかもしれませんね。被験者を集めるのと安全な実験方法を考えるのがかなり難しそうですが……。実験成果を報告してもらえるなら、ファレンガーさんもアミュレットをくすねたのを大目に見てくれそうです(絶対とったのばれてますよね?)。
Re:魔法耐性と属性耐性の合わせ技
  • Name: ファル粕
  • (2014/10/22 15:03)
UNIさん、コメントありがとうございます!
スカイリムのバトルに詳しいプレイヤーにとっては今更で当たり前の事しか書けていないと思いますが…自分はこれまでかなり適当な感覚でプレイしていたので、魔法を作る前に考えを整理したいと思い…プレイも兼ねてこの実験を始めました(~ ~;)
最近ちょっとずつ、ポーションや耐性防具のありがたみが分かってきました。
CKで魔法の製作に興味を持ち始め、今までのプレイであまり使わなかった「魔法」について考え始めたのですが、同胞団には魔法を扱える人間がいませんでした…。そこで以前に作った魔術師フォロワー「マダナックの弟子」を無理やり引っ張ってきて、強引に同胞団に加入させることになりました。そんな彼も…最近では同胞団での生活を楽しみ、同胞団の栄誉を重んじるようになり(?)、同胞団よりも目立ってきていて…なんというか複雑な心境です(汗)

「ジール城の恐怖」を読みました…!UNIさん、すごいです。教えてくださってありがとうございます!ま、まさか…こんな内容の本がスカイリムに存在していたとは…!本当にビックリです!!
はじめて入手して読んだのですが…本の中で登場する実験の方法もさることながら、現在行っている検証実験と奇妙な一致が数多くあり、驚きの連続でした!! 特に…ユリスの問い「何の魔法をかけようとしていた?」に、アナーラが「雷。炎は予想しづらい。」と答えたのには…鳥肌が立ちました。属性耐性の実験に「ライトニングボルト」を選んだので…この一致は一体…!?と思いました(笑)
DLCで追加された以外には「雷撃耐性」を持っている種族が人間やクリーチャーを含めても「雷の精霊」だけなので、彼女が言っていることは真の実験成果に基づいたものであると思い…スカイリムって本当に細部にまで凝ってるんだな~と、とても興味深かったです。

実験の裏話ですが…構想段階で、同胞団として常に持ち歩いていた「ウェアウルフの身体的特徴」という本の記述に少し影響を受けました。なるべくムゴくなく、楽しい実験を心がけておりますが…道を踏み外しつつあります…(汗)
また、カルセルモと人間関係を構築する前に本当の意味で「不法侵入」をしてしまったため、研究所に入ったと同時にフォロワー全員が「ここはお前のいる場所じゃない。」と口々に言い始め…まったく指示を出すことができない状況に陥ってしまいました…(^^;)
侵入したものの…これでは実験が出来そうにないと諦めかけていたのですが…UNIさんの『{ Skyrim Party System 』の機能により、フォロワー達が自然に座ったり、食事をしたり、付呪台を使い始めてくれました!! 隠密+抜刀でフォロワーの行動を初期化し、隠密解除+納刀で自分の近くに集合させてフォロワーAIの自然な行動に移らせることで、任意の場所に導いたり、座らせたりすることができるので…検証実験でも大活躍しております。このフォロワーシステムの素晴らしさを改めて実感しました! { SPS 最高!{m(≧u≦)m

追伸
パンを食っているファレンガーに勘付かれつつも(笑)白昼堂々、弟子がアミュレットを盗めたのにはちょっとした理由があります。敵を傷つける破壊魔法ばかりでは悲しいと思い…少し変わった感じで実用性があるようなNPCに優しい魔法を作ってみました。次回の記事にまとめてみます!

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP